ブログを書き続けるために

※追記

最大継続日数は3月1日〜7日の7日間。

この間と残りの24日の違いは、ブログを継続することに意識がきちんと向いていたから。

スイッチが入れば、果たすべきことに向けて、考えし続けるようになる、行動し続けるようになる。このスイッチをいかに入れていくか、日々研究工夫、自分の行動、言動のマネジメントをしていきたい。

(追記ここまで)

 

ーーーーーーーー

 

ブログを3月、毎日ブログを書くと決めたが守れなかった。結果は11日/31日。試合であれば惨敗である。

この原因はなぜか。少し力を抜いて、原因分析をしてみる。

 

・なぜブログを書くのか、が自分の中に落とし込めていないから。疲労や忙しさなどの理由にかこつけ、「今日は良いか」となってしまう。気持ちの問題に寄るところが大きい。

 

・その次に、書きやすい仕組みを作れなかったこと。反対に、ほぼ毎日続けられているのが、毎日ブログを継続しているビジネスコーチのブログに、一言感想を書いて、ツイッターにシェアすること。

→方法論としては、ここから自分で書くことを増やす方向にシフトしていけば良いのではないか。

 

FacebookInstagramTwitterアメブロはてなブログ、発信ツールがいろいろ、繋がっている友達もいろいろで、利用が分散してしまっている。

発信という観点では、記事のシェアはTwitterをメインにして、写真はInstagram、それぞれリアルで繋がる友人にも積極的にシェアしたいものはFacebookに連動してシェアさせるのでどうだろうか。

そういう使い方をした場合、このはてなブログアメブロはどう活用していく?やはり、このブログを書くモチベーションが弱い。

沢山の選択肢があるからこそ、自分の活用のスタンス、棲み分けを明確にして使って行きたい。

 

メールマガジンというツールの活用も考えていきたい。先輩がまぐまぐで近々始めるよう。

応援&動向を注視して行きたい。動き出したらこのブログでも紹介したい。

 

 

真っ先に手を挙げる

● 会社の会議、セミナーの質疑応答では真っ先に手を上げる 

 

ブックライターの上阪徹さんのセミナーでこう聞いた。

~~~~~~~~~~~~~~~~

質問をしたかどうか、いい質問かどうか。

早く質問した方がいい。

超くらだらない質問でもいい。

なぜか。質問がいかに難しいかを知っているから。質問がいかに重要でで、いかに場を盛り上げてくれるかを知っているから。

真っ先に質疑応答に手を挙げるつもりで

聞いていると、ものすごい真剣に聞く。

学生の講義でも、会社の会議でも、

セミナーでも同じ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

真っ先に手を挙げる、今月、3月7日の診療報酬改定セミナーで質問は考えていたのに、ひよって、手をあげられなかった。

質問は無く、そのまま、散会となった。

どんなにいい質問だったとしても、

その場に出さなきゃ、埋もれてしまう。

 

真っ先に手を挙げて質問をする、

その気概を常に持ち、一回一回の

会議セミナーに心身ともにコンディションを

整えて参加することをここで再確認しておく。

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ『平成進化論』のススメ

「おススメのメルマガは?」と聞かれたら、

ダントツにオススメしたいメルマガがある。

 

鮒谷周史さんの『平成進化論』である。

詳細は下記ホームページまたはFacebookをご覧頂きたい。

http://www.2nd-stage.jp/

https://m.facebook.com/heiseishinkaron/

 

単なるメルマガの広告のためにこの記事を書いた訳では無い。

このメルマガの著者の鮒谷周史さんは、

5200日以上(約15年以上;2018年1月22日時点)、毎日メルマガを書き続ける

圧巻の「努力と意志の人」です。

 

一日も休まずビジネスエッセイを書き続けて来られ、

何冊かの本になり、台湾、韓国でも出版されたそうです。
「人生を賭けてのライフワークとして、死ぬまで書くつもり」

と徹頭徹尾の信念がカッコいいです。

 

毎日読むメルマガには「!」や「!?」と

思わず唸る、熱い言葉に溢れています。

多くの読者に対し、毎日これだけの学び、

気づきを与え続けられるのは、鮒谷さんの

言葉で、『超速、鬼速PDCAを回し続けている』

からに他ならないでしょう。

昨晩のメルマガからの気づきを引用。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私(鮒谷)がビジネスを立ち上げるにおいて
 非常に重要だと考えている、

 いくつかの項目があるのですが、
 その中でも代表的なもの挙げておくと


 ▼意志決定基準を打ち立てる

 ▼行動規範を確立する

 ▼コミュニケーション能力を高める

 ▼能力の高め方について理解し、
  実際に高められる

 ▼より多くの人とのつながりをつくり、
  さらに深めていく能力

 ▼マーケティング能力

 ▼営業力

 ▼タイムマネジメント能力

 ▼自らの動機づけを行える能力


 、、、などといったことを
 身につけておく必要があるでしょう。

 

引用元;平成30年3月15日 平成進化論 5296号

■「副業」がうまくいく人、いかない人の違いとは

 株式会社ことば未来研究所 代表取締役所長
 有限会社セカンドステージ 代表 鮒谷周史(ふなたにしゅうじ)
 http://www.2nd-stage.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

メルマガの説明・登録は下記リンクから。

https://form.os7.biz/f/d115c1f9/

 

今書いているこのブログは発信の練習のため、

公開記事だが、認知度はほとんどない。

 

Facebookツイッターと連動させて

コミュニティに向けたブログを書く際には、

この記事をベースに、全力でオススメ記事を

もう一度書くことにする。

 

 

 

 

 

 

座右の銘 〜高校時代の部活の部旗より〜

座右の銘」という言葉がピタッと来るだろうか。

心に常に留まる行動の起点になるような言葉。

辛い時、苦しい時にそこに立ち返るような言葉。

必要だと思う。

 

高校時代の部活には、「部旗(ぶき)」があり、練習の時も、試合の時も、必ず掲げていた。他の高校も試合に行くと、大抵は掲げていた。

その言葉は、

「苦しい時ことよりファイトせよ❗️」

がメインの横書きの大きな旗。

もう一つが、縦書きで

「逆の発想

   粘り強いチームになろう

   精神的限界を高めよう

   競争意識を強く持とう」

ものすごい久しぶりに口に出したが、

思い出して諳んじることができる。

360日×2年ほど、毎日毎日見て、思い出して、

厳しい練習に汗を流していた日々が浮かんで来る。

エピソードはたくさんあるけれど、なかなか一言では語り尽くせない。短い言葉で言い表すなら、先の部旗の言葉だろう。

 

部活でも座右の銘が大事なら、仕事、人生においても、足どりしっかり走り続けつためには大事なものであるだろう。

座右の銘、立ち返る原点、しっかりと持っておきたい。

「あなたの座右の銘は何ですか?」

ぜひいろいろな人に聞いてみたい。

 

 

俺は今なんだよ!

スラムダンクの名言の1つ、「俺は今なんだよ」

一度でも原作を読んだことがある人は情景が浮かぶと

思うので、詳細は割愛したい。

 

「俺は今なんだよ!」

今まさに、僕自身がこの言葉を噛み締め、

実践する時だ。

2年後はもっと知識も付いて、要領よくやれている

だろう。

今は、溢れる情報に溺れそうになりながら、

もがきながら泳ぎ方を覚えようとしている状態。

泳ぎ方を覚えれば、後はそのまま加速して泳げる。

 

今が正念場だ。頑張ろう。

逃げずに立ち向かえ、そして答えをみつけろ。

一つ一つ考えて、確実に、丁寧にやっていこう。

 

 

朝時間の活用

朝、なぜかわからないけど、起きやすくなった。

 

暖かくなってきたから?

なぜかはもう少し考えてみたいところ。

 

しっかり起きれるようになると、朝の時間を使え、ゆとりが生まれる。

 

早起きは三文の得。

朝に勝つものは人生に勝つ。

 

早起きの格言はいろいろあるが、本当だと思う。

 

朝のラジオ体操、軽い筋トレ。

OT、10分ラン、15分勉強、TB聴き流し、ブログ、決まった記事チェック(新聞を読む要領)、

短時間で切れるもの、朝時間を活用して続けて行きたい。

 

朝時間、夜時間、もう少しやること、かかる時間を整理してきっちり取り組んで良い習慣を身につけて行きたい。

 

ブログも10分で書くなら、今は300文字くらい。書くことを決めてからなら10分で400字を毎日継続はできそうな気がする。

 

朝時間、徹底活用の月を3月に位置付けよう!!頑張ります!!

 

 

効率化は非効率の中からしか生まれない

効率化、効率化、と、人手不足、

働き方改革、AIの実用化などなどの

背景から、強く叫ばれるようになった。

 

効率化といっても、

初めてのことに取り組む時は、

要領が分からないから、

どうしても無駄なことをしたりして、

非効率になる。

後から振り返ったり、慣れた人からすると、

非効率なことやっているな、そんなこと

やらずにもっと優先することがあるのに。

もっとこうしたら良いのに、と分かる。

 

人から言われて、自分で気づいて、考えて、

そこから効率化が生まれる。

 

効率化は非効率の中からしか生まれない。

3月5日の気づきであった。

今後に活かしていこう。